コンブチャクレンズ 最安値

ヘッダー

基礎代謝が下がる原因は?燃えやすい体を作るには?

    

基礎代謝が下がる原因について調べてみました。

 

基礎代謝が下がるとそれだけで太りやすい体質になってしまいます。

 

基礎代謝が下がる原因にはどんなことがあるのか検証してみました。

 

0l (5)

 

「加齢」、「食事のバランスの悪さ」、「運動不足」、「冷え」、

 

「睡眠不足」、「便秘」、「自律神経の乱れ」等があります。

 

10代、20代の頃はスリムだった人も、

 

同じような生活を続けているのにいわゆる中年太りになりやすくなります。

 

加齢と共に基礎代謝が落ちるので、同じように生活していても、

 

1年に3キロ程度太ってしまうという統計もあります。

 

食事バランスに関しては、

 

基礎代謝のおよそ3割を担っている肝臓の働きが、

 

食事バランスが悪いと低下してしまうからです。

 

基礎代謝の2割程度は筋肉で消費されるため、

 

運動不足で筋肉量が低下すると基礎代謝も低下する原因になります。

 

体温が低いと体温維持に使う消費エネルギーが低くなるため、

 

基礎代謝が下がりやすくなりますから、

 

通年、毎日お風呂に入って体を温めましょう。

 

5

 

寝ている間に成長ホルモンが分泌されますから、

 

寝不足になると成長ホルモンが分泌されにくくなり、

 

筋肉量が減少する原因になります。

 

基礎代謝には腸などの内臓を動かすエネルギーが含まれている為、

 

腸の動きが悪くなって便秘をすると基礎代謝も下がります。

 

ストレスや不規則な生活は自律神経を乱す原因になり、

 

血行不良になりやすいので規則正しい生活を心がけましょう。

 

燃えやすいカラダを作るには?

 

燃えやすいカラダを作れば、

 

激しい運動をしなくても日常生活で自然に脂肪燃焼されます。

 

もちろん、トレーニングをすれば尚更、

 

筋肉量が増して脂肪燃焼しやすい体になります。

 

tachiagaru_woman

 

燃えやすいカラダを作るにはどういうことに気を付ければよいのでしょうか。

 

太りやすさを決めるのは、基礎代謝にかかっています。

 

基礎代謝とは、生きていく為に必要なエネルギー量のことで、

 

1日に消費するカロリーの7割を占めています。

 

基礎代謝が低いとエネルギーが使われないため、

 

同じものを食べて同じような生活をしても太りやすいということにつながります。

 

燃えやすいカラダを作るには、基礎代謝を上げることが大切ですが、

 

どのようにすれば基礎代謝が上がるのでしょうか。

 

ひとつはインナーマッスルを鍛えるという方法があります。

 

インナーマッスルを鍛えることで、

 

代謝が良くなるので燃えやすいカラダを作るのに最適です。

 

筋肉が付くと体中に血液を送るポンプの役割をしてくれるので、

 

自然に血流が良くなり、基礎体温が上がったりむくみの防止にもつながります。

 

冷え性だと燃えにくいカラダになるため、

 

お風呂にゆっくりつかって体温を上げるというのも効果的です。

 

関連記事

・むくみ解消には何が良いの?

・コンブチャクレンズを最安値で買う方法は?

・ヤセ菌って何?どうすごいの?

・オリゴ糖はお腹に良いの?

・ヨガでスッキリ痩せる方法!